2017年5月26日金曜日

スミオさん、あんた、福島の井戸を掘る人に、福島の鬼になれ(16.12.22)

今野さん
こんばんわ、川越の柳原です。

金曜日は厳寒の中、スピーチ、ご苦労様でした。

今野さんと初めて会い、口を聞いたのは2年前2014年の8月の提訴のとき、それから測定にずっと一緒でした。はじめ、なんで、この人、こんなことをしてるんだろう?と不思議でなりませんでした(ほかに、こんなことしている男性、いませんでしたから)。
最近、やっと、今野さんのやっていることが分かったような気がしました。
彼は徳を積んでいるのだ、それも終わることなく(今ごろ、分かったのか!と座布団が飛んで来そうですが)。

一時的に、徳を積むのは誰でもできます。難しいのはそれを持続させることです。
この2年間、今野さんを見ていると、徳を積むのをやめない。やめないどころか、あちこちに出没して、ますます一生懸命積んでいるらしい。

9月にやった世界社会フォーラムの報告会のキャッチフレーズは
「当事者が立ち上がらねば!」
でしたが、今野さんは、これを文字通り、実行しようとしている人のように見えます。

この間、裁判のテーマが本命の「低線量被ばくの危険性」に移り、疫学的問題が避けて通れなくなったので、文献を調べていて、水俣病の疫学的問題に出会い、その問題で最も鋭い指摘をしている文章に出会いました。
水俣病誌
 
この文章の著者が、それまで、過激な行動で知られた川本輝夫とは知らず、ビックリ仰天しました。
彼はこう言った。
水俣病は病気じゃない。犯罪だ。我々は有機水銀という匕首を呑まされた。あまりにも不条理なことですたい。

その通り。
そして、今野さんなら、こう言うでしょう。
福島原発事故は事故じゃない。犯罪だ。我々は放射能という匕首を呑まされた。あまりにも不条理なことですたい。

この本に紹介された川本輝夫の行動を初めて読み、彼が、本当に得を積んだ人間であることを知りました。
※ドキュメント自主交渉
 
映画監督土本規昭の「川本輝夫との30年」
石牟礼道子「テルオさんのこと」
これだけ徳を積んだ人だから、チッソ社長を前に一歩も譲らぬ自主交渉が実を結ぶことができた。
チッソ社長と交渉する川本輝夫
 
今では誰もが水俣病を知っている。しかし、最初からそうだった訳ではなく、知られるような出来事があったからで、それが川本輝夫たちの鬼の行動=非暴力直接行動によるものであったことも知りませんでした。
映画監督の土本は川本輝夫のことを「井戸を掘ったひと」と呼びました。

スミオさん、あんたも、テルオさんみたいに、福島の井戸を掘る人になって、福島の鬼になって下さい。

3.11以来、「福島の鬼」の必要性が叫ばれながら、なかなか出現しませんでした。ただし、誰もが鬼になれる訳ではなくて、徳を積んだ人でないと無理です。

今野さんは、この間、一生懸命、徳を積んできました。鬼になる資格十分です。

鬼になって、川本輝夫みたいに、福島で井戸を掘って下さい。

私等も力の及ぶ限り応援しますから。


追伸
映画監督土本典昭が川本輝夫を評して、「ミナマタ井戸を掘った人」と呼んだ文章の中でこう書いています。

川本さんの名前は固有名詞としては川本輝夫ですけど、逃げ場のないところまで追い詰められて立ち上がった人達の固有名詞のひとつ、水俣病闘争のぎりぎり切羽詰まった闘いの突破者であったというふうに私は思います。

いま、福島も同様です。
逃げ場のないところまで追い詰められた人々の突破口を切り開いた=井戸を掘る人です。

5年前、疎開裁判を提訴した当時、裁判で勝訴したら、そのあと、判決を手に政府との団体交渉で全員救済の道筋を作る、という漠然としたロードマップしか持ち合わせていませんでしたが、この本から、水俣で血のにじむようなモデルがあったことを今回初めて知りました。

福島の5年間に水俣の50年が凝縮されている(16.12.23)

来年早々、関西の法廷で、低線量被ばくによる健康被害の影響に関する原告住民と国側の決戦の証人尋問をやります。
そのために、今までずっと敬して遠ざけてきた疫学・統計解析の問題と向き合わなければならないと腹を括り、その勉強をしています。

その中で、ビックリするような文献に出会いました。

水俣病誌」 に収められた
「認定はどうあるべきか--水俣病の疫学と病像--」
です。
どんな専門家が書いているのだろうかと思ったら、あの毀誉褒貶激しい川本輝夫さんだったからです。

そしたら、その本の付録に石牟礼道子さんの
「テルオさんのこと」
 に、川本さんが六法全書を手放さず、読み込んでいた話が紹介されていて、二度、ビックリ。

今まで、水俣のことは訴訟派、関西訴訟派、自主交渉派、交渉一任派・・・いろんなグループが入り乱れていて、なかなかその全体像がつかめなかったのですが、
今回、医師の原田正純さんを手がかりに読んでみて、ようやく、水俣病の全体像が自分なりに掴めた気がしました。

そしたら、水俣の50年は311以後の福島の5年間に凝縮されていると分かりました。
日本政府は、チェルノブイリ事故から学んだだけではなく、もっと前から、この50年間の水俣病からもしっかり学んで、それを福島に応用して、住民を徹底的に押さえ込んでいることが分かりました。

その一端は原田正純さんの「水俣への回帰」の冒頭の数ページでも明らかです。

ここには、低線量被ばくと対応する低濃度汚染の問題も取り上げられています。なお、先日、入手した低濃度汚染の問題を取り上げた資料は以下です。
新たにわかってきた水俣病のはなし

・・・実は、以上のことは、すでに4年前、マコ・ケンさんが、疎開裁判のMLで紹介していたことでした。

---------------------------
Subject: [3arrow:11028] 水俣病裁判の国側の主張や、水俣で闘っておられる方々から福島の方々への伝言。
From: おしどりマコ
To: 3arrow@freeml.com
Date: Sat, 1 Dec 2012 11:29:38 +0900 (JST)

自分の記事の紹介ですが、
水俣病の裁判関連と、
あと、水俣病で闘っておられる方々から、福島の方々への伝言を預かってきましたので、
よろしければご覧ください。

おしどりマコ拝

マガジン9・脱ってみる?第53回
『「人様は変えられないから自分が変わる』水俣病資料館の言葉を噛みしめる件。」

---------------------------

もっと力があったら、あの当時もっと早く、マコさんの指摘で目覚めることができたのですが・・・
今から、頑張ります。

ちなみに、今回、原田さんの書いたものを読み、
水俣を代表する医師である原田さんを作ったのは被害者の人たちであり、とりわけ川本輝夫さんだったことを知りました。

川本輝夫さんが「水俣の鬼」として非暴力直接行動に出て、水俣病を全国に知らしめ、自主交渉で突破口を切り開いた背景には、深い人間愛と飽く事のない探究心があったことを知りました。
チッソ社長と交渉する川本輝夫

現在の私の大きな課題は水俣の教訓の学び、「福島の鬼」の出現、そしてその支援です。